過払いとは

お金を借りると元本にプラスして金利を払わなければなりませんが、利息制限法で決められた金利より高く払わされた場合、「過払い」となり、払い過ぎたお金を返還してもらう措置を講ずると、お金が戻ってきます。
これを「過払い金返還請求」といっています。 では、どうして「過払い」ということが起きるのかを見ていきましょう。 消費者金融などの貸金業者からお金を借りる際、利率は自由に決めることができますが、「利息制限法」により、10万円未満は20%、10万~100万円未満は18%、100万円以上は15%と金利の上限が定められています。
その上限を超した金利は法律上無効となり、払う必要はありません。 しかし、「出資法」という法律の上限は29.2%となっており、利息制限法との間に開きがあります。
10万円未満では9.2%、10万~100万円未満では11.2%、100万円以上では14.2%という開きです。
出資法による金利の上限と利息制限法による上限金利との開きが所謂グレーゾーン金利といわれるもので、業者が出資法の上限金利を適用していた場合、過払いが生じることになります。
これは違法であるため、返還請求をして払い過ぎたお金を返してもらうことが可能となります。 自分が過払いをしていて返還請求ができるのかインターネットのサイトに無料のチェッカーがあります。 また、どれくらい戻ってくるのか、過払い金額計算機という無料のチェッカーもあります。 そういった物を利用してしっかりとチェックすることが大切です。

▽特集
過払い金の返還請求に関して無料で相談出来るサイトです ⇒ 過払い金

Copyright © 2014 過払いの金を取り戻す All Rights Reserved.